水星逆行について、私の思うこと

7月8日朝〜8月1日昼まで水星逆行だそうです。
西洋占星術は勉強中の身なので未熟者ですが、
ちょっと思うことがあるので記しておきます。

注意!!
本記事は水星逆行が社会や個人に及ぼす影響があるかないかを
議論・考察するものでも、
特定の個人・企業を批判・攻撃するものでもありません。

水星逆行中は、社会レベルだと通信システムの不調や交通機関の運休・遅延、
個人レベルだとPC・スマホなど電子機器類のトラブルや、
連絡がうまく取れない・メールの未着・言葉の行き違い
などの影響があると言われています。
(詳しくはネットで検索して下さい)

個人的には、私が日々利用する関東近郊の電車はどの路線も
水星逆行期間中だろうとなかろうとよく運転見合わせ・遅延していますので、
んなこたぁないだろと思ってしまいます。
また、2018年には航空会社の大規模なシステムトラブルが起きましたが、
水星逆行期間中ではありませんでした。

通信システムの不調というと、
2018年12月の水星逆行期間中に起きた大規模通信障害が記憶に新しいかと思います。
この件が起きた当時、これで水星逆行は現実に影響があると証明されたと
断言する占い師さんや占い好きさんをSNS上で見かけたものです。

ただ、この件だけで水星逆行は現実的な影響があると断言するのは、
申し訳ありませんが杜撰な考察の結果と言わざるを得ません。
そもそも論として、水星逆行の影響の有無など、
理論的・客観的にはあることもないことも証明できないことです。
これぞまさに悪魔の証明と言えます。

それでもあえて大真面目に考察するなら、
水星逆行は毎年3〜4回は起きているのに、
大騒ぎになるほどの大規模通信障害は2018年ではこの1回です。
一方、小規模な通信障害は水星が逆行中も順行中も起きています。
この理由についての考察をしている人は私が探した限りではいないようです。
また、この時通信障害を起こしたのは国内では1社・海外も含めると6社のみでした。
お星様は誰の頭の上にも平等に輝いているものであるにも関わらず、
一部の業者だけ通信障害となった理由について考察がされていません。
他にも、この件は導入していた海外企業製システムの不具合が原因
と発表されていますが、
当該システムの開発日程や導入日程も考察されていません。

それ以外にも、本気で水星逆行の影響と通信障害の関係を検証するなら、
少なくとも過去の通信障害と水星逆行期間を全て突き合わせてみる必要があると考えます。
それでも、現代に至る通信技術の発展はここ10〜20年のことですので、
サンプル数として十分ではない可能性もあります。
(私はやったことないしやる予定もないので分かりませんが)

以上のことより、考察が不十分であるにも関わらず、
水星逆行期間中に起きて話題になった事象だけ拾い上げ、
水星逆行の影響はあると断言する(そして集客に利用する)のは
御都合主義であると私は考えます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。