病占に対する私のあり方

セッション受付開始についての告知もしたことですし、
利用規約の補足も兼ねつつ、私の考えをここに明記しておきます。

ご病気の方への対応について

基本方針

診療科・領域の如何に関わらず何らかの疾患や不調があり、
定期受診や薬の服用を行っている方に対して、
それだけを理由にセッションをお断りすることはありません。
ただし、症状の影響等の理由により意思疎通困難と判断した場合は、
セッションを中止する可能性はあります。

ご相談内容について

受診に限らず検査・投薬・手術など全ての診療・治療行為に対して、
始めてよいか知りたい・やめたい・変えたい・正しいか知りたい
などのご相談には対応しかねます。
また、セッション中に治療の中止・変更などを勧めることは
一切ないとここに明言いたします。
併せて、定期検診をしなくて良いと発言することも一切ないと
ここに明言いたします。
ただし、セカンドオピニオンを勧めることはあるかもしれません。

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンをお勧めする可能性はありますが、
主治医がどんな方であっても否定する意図は一切ありません。
主治医を否定し、ヤブ医者に捕まったから治っていない
と言って欲しい方は、
そう言ってくれるカウンセラー等は他にたくさんいますので、
そういう方をご利用ください。

医療以外のサービス利用について

ヒーリング・カウンセリング・エステ・代替療法・民間療法
などのサービスについて、利用することを一律で止めたりはしません。
ただし、内容を伺って怪しいと感じた場合は止める可能性はあります。
また、私から特に止められなかったからといって、
それだけに頼って医療を利用しなくなったりしないよう、
くれぐれもお願いいたします。

健康運に関するご相談について

持病や不調がある方ならキチンと医師の指示通りに定期受診されていること、
特に持病や不調がない方も定期検診は毎年受けていることは
セッションを行う上での大前提といたします。

お願い

健康運を占って当分問題ないという結果になったとしても、
その後の通院・定期検診は変わらず続けていただくよう、
くれぐれもお願いいたします。

免責事項

上記に関して虚偽の申告をされ、
その結果健康被害をはじめとする何らかの不利益が生じても、
凛乃は一切の責任を負いかねます。

その他

『関係者だけが知る、医療業界の汚い裏話』的な話を期待されても、
そのご期待には応えられません。
現役の医療関係者として毎日医療現場に立っていますが、
そういった話は聞いたことがないからです。

なお、『看護師は病院にかからない』『薬剤師は薬を飲まない』
と言う事実はありません。
『医師は法律で守られているからやりたい放題』と言う事実もありません。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。